ふくらはぎがむくみ、だるいのを何とかしたい!

足がむくんで辛い、マッサージしても足がだるい、重いし、デスクワークだけど長時間同じ体勢で仕事をしているせいか、夕方にはふくらはぎがパンパン!

 

ふくらはぎのむくみで家に帰る頃どころか、仕事が終わるまででもけっこうだるい、しんどい!という人が多いです。

 

ふくらはぎ むくみ 解消

 

足のふくらはぎって、足先まで下りてきた血液を心臓に送り返すのに重要な働きがあるみたいでけすけど、そのポンプ機能がしっかりしていないと、ふくらはぎがむくんでとにかくだるい!ってことになっちゃうみたいです。

 

ふくらはぎのむくみの原因ってなんなのでしょう?足がだるいのって原因はなんなのでそうね。

 

 

基本的には、運動不足などでふくらはぎの筋肉が衰えることでポンプの役割を果たせないことによって、血流が滞ることが影響しているみたいですよね。

 

ただ、運動不足って事だけじゃなくて、それ以外にもふくらはぎが冷えている!という方も多いそうです。

 

 

やはり、ふくらはぎが冷えることで血流やリンパの流れも悪くなって、老廃物などが排出されず溜まってしまいやすくなりますからね。

 

こういうふくらはぎの冷えからくるようなむくみを解消するには、マッサージがおすすめなのですが、毎日毎日マッサージをするのも大変です。

 

仕事などで疲れた状態でマッサージもしなくちゃいけないのはけっこうキツイですよね。

 

フットマッサージャーなどを使えばいいんでしょうが、それでもふくらはぎが冷える、むくむという根本原因が改善されなければ、この先ずっとやり続けることになってしまいます。

 

 

ふくらはぎの冷えが起こる大きな要因として、血の巡り、いわゆる体の巡りが良くないというものが考えられます。

 

特に、女性の場合はスカートなどで脚を出していることも多いので、冷えやすくなりますし、筋肉量が男性と比べると少ないのことが多いので、足先まで来た血液をしっかり心臓に送り返すことが出来ない間に、ふくらはぎが冷えてしまうという状態になるみたいです。

 

ですから、体の巡りを良くすることがふくらはぎの冷え、そしてむくみ対策にもなってきます。

 

 

本来は、体の巡りをよくするような食事をするのがいいのでしょうが、今の環境ではなかなか難しいです。
ですから、サプリなどを使ってうまく改善していきたいですね。

 

最近は、むくみ解消を目的にしたサプリも増えていますし、マッサージだけではどうにもならないような頑固なふくらはぎのむくみもサプリで解消できたなんて口コミもよく見かけます。
サプリもいろんな種類が出ていますよね。

 

ただ、もちろんサプリだけでなんとかしよう!なんて思わないで、ウォーキングとか軽い運動を取り入れたり、美容ローラーなどを使ったりして自分でマッサージしたり!なんてことも取り入れたほうが効果は出やすいようです。

 

 

ふくらはぎがむくみ、足がだるいという状態は、それだけで病気とはいえないけれど、場合によっては病気ということも考えられないわけではないので、なかなか改善されない!なんてことであれば、早めに専門のお医者様に診てもらうというおとも考えたですね。

 

症状が軽いからといって、油断していると思わぬ重篤な症状に見舞われてしまうこともありますからね。
足裏マッサージなどでちょっとつぼ押しするだけでも痛い!ということであれば、それは内臓などにふくらはぎがむくむ原因が潜んでいることもないとは言い切れません。

 

ふくらはぎのむくみを解消するための対策法は、いろいろありますが、ある程度期限を決めて効果の有る無しを判断し、体調が優れないなどあれば、早めに病院に行くようにしましょう!

 

ふくらはぎのむくみがひどい時の対策は!

ふくらはぎのむくみがひどくて、押すと押した形が残ったまま!なんて状態だと、むやみにマッサージするのも逆効果ということもあります。

 

ふくらはぎのむくみの状態で一番わかりやすいのが、靴下のゴムが食い込んで、靴下を脱いでもその凹んだ部分でなかなか元通りにならない!って状態。

 

ひざ下のむくみ゛あるある”って感じですよね。

 

わたしも、家に帰って靴下を脱ぐとばっちりゴムの部分がへこんでいて、なかなか元に戻らない。

 

最初は、お風呂とかに入って、優しくマッサージをしてると戻ってきたのですが、それが徐々に長くなる感じなんですよね。

 

あまりに、へこんだ状態が治らないようであれば、内臓に問題がある可能性も考えられるので、病院で診察を受けるほうがいいです。

 

こんな風にいうと、わたし、病気?って心配になっちゃいますが、ほとんどは現状では問題がないケースです。
安心するために、病院で診てもらうくらいの気持ちで行きましょう。

 

 

で、ふくらはぎのむくみがひどいときは、いきなりガツガツマッサージをするのではなく、優しくやってあげることが大事です。

 

どうしても早く回復させたりあまり、ゴリゴリ、強くマッサージをしてしまいがちですが、お肌を傷つける原因にもなりますし、内出血とかにもなって、その方が問題になったりすることもあります。

 

 

なので、まずは優しく!

 

そして、血流を良くするために、足湯とかするのもいいですね。

 

それから、ひざ下の浮腫みは、場合によっては、足の付け根などリンパの流れが滞っていることが影響していることもあります。

 

なので、直接的な患部だけじゃなく、そこにつながっている部分をやさしくマッサージしてあげるというのもよさそうです。

ふくらはぎが太い!それってむくみが出ているからかも!

足が太い、膝下特にふくらはぎが太いと感じるなんて時は、もしかするとふくらはぎにむくみが出ていて、それが原因で足が太く見えるのかもしれませんよ。

 

もちろん、脂肪や筋肉がついているということは否定できませんが、足の血流など体のめぐりが整っていないことで水分がしっかり排泄されないで、足などに溜まってしまうことで足が太くなるということはよくあります。

 

マッサージなど軽い程度のものでもいいのでやってみたら、足が細くなった!なんてことであれば、むくみがふくらはぎの太さに影響しているとみて間違いないと思います。

 

むくみというのは、放っておいても治るものではないので、しっかり対策を取る必要があるでしょう。

 

たとえば、代表的なもとしてはストレッチ、リンパマッサージ、ツボ押し、入浴などがあります。

 

ふくらはぎがむくみ、足がだるい!って時も、お風呂にはいったら楽になった!なんて経験あると思いますがあれは、やっぱりお風呂に入って、血流が良くなってむくみの状況が改善されているということもありますし、お風呂のマッサージ効果でだるいのが解消されるというのもあります。

 

とにかく、こういうことを続けることで血液の流れなどを改善したり、むくみ解消にも繋がります。

 

ふくらはぎのみくみをヨガで解消する方法

ふくらはぎのむくみを解消するのに、ヨガ!という方法もあります。

 

最近、ヨガのやり方などを紹介しているテレビ番組も増えていますが、その中で、足のむくみなどにヨガがいい!ということが紹介されていました。

 

確かに、ヨガによって血流やリンパの流れが改善されるので、むくみ解消によさそうなイメージはありますよね。

 

ヨガでふくらはぎのむくみを解消する方法ですが、ハイランジというポーズがいい!というのを見かけます。

 

ハイランジのポーズというのは、足を前後のずらして、前方を向いて、体を落とすってやり方です。

 

これによって、太ももやふくらはぎを刺激してくれるのでむくみ解消が期待できるそうです。

 

あとは、ヨガではないですが、ちょっとした段差を利用して、つま先立ちしたり、かかとに体重をかけたりという感じで、上下運動を行います。

 

これで、ふくらはぎのポンプ機能が動くので、むくみ解消にいいそうです!